2.03.2012

ティンカー テイラー ソルジャー スパイ! 「裏切りのサーカス」



アカデミー男優賞などにノミネートされて噂には聞いているであろう本作、 一足先に見た。 日本では4下旬公開とまだ先なのだが、 まず誰もが飽きれるポイントとして、 この邦題。 。 甲斐バンドか?

とか古いことを言いつつも、 そうして擁護するほどの作品でもなかったというのが正直な感想。 渋いスパイものというより、 イギリス情報局上層部まで潜り込んだ東側のスパイを捜す、 犯人探しもの。 そこに冷戦時代の悲哀を描く、 みたいな感じではあるが、 う~ん、 なぜ今さら冷戦。 。 それよりも公式サイトでのキャスティングの打ち出しを見ると犯人がわかってしまう。 二人並べるんだからオールドマンでなかったら、 こいつかと。 もしかして捜査に当たるオールドマン自身がそうなのか? などと思ってもみたが邪推だった。

そして製作資本の関係で、 ロンドンからブダペスト、 パリへと舞台が移るが、 よく見ていないと どこで移ったかがわからなかったりする。 場所が変わっても空は、 いつも冬の曇り空、 みたいなトーンが連続する。

ゲイリー・オールドマンの演技も、 とりたててどうということもなく、 オールドマンってこんなジジイだったっけ? という印象が残る。 プロフィール写真変えようかな^ ^

とまあ、 浸れる人は浸れるのかもしれないが、 自分的には睡魔との冷戦を強いられる作品だった。 スヴェトラーナはちょっとよかったかな^ ^



裏切りのサーカス (2011イギリス・フランス・ドイツ) 日本公開4/21 公式サイト 
TINKER TAILOR SOLDIER SPY
原作 ジョン・ル・カレ 
監督 トーマス・アルフレッドソン 音楽 アルベルト・イグレシアス 
ゲイリー・オールドマン コリン・ファース トム・ハーディ 
トビー・ジョーンズ キアラン・ハインズ マーク・ストロング 
ベネディクト・カンバーバッチ ジョン・ハート 
スヴェトラーナ・コドチェンコワ 

0 コメント: