12.31.2015

3/218


今年も本数は減ったものの、それでも218本も見ているんだなあ。で「気に入った!」に入ったのがこの3作。

マイ・デンジャラス・ビューティー SYRUP (2013) 日本未公開

IT FOLLOWS (2014) 日本公開未定

天使の欲望 (2013日本)

どんな内容だったかは、もうすでに忘れた。(読み返せば思い出すかな…)今年がどんな年だったかもすでに忘却の彼方。しかし、なぜか安ギターを3本も買って、そのうち1本はDanelectro56のリイシューというもので、これには微妙に燃えたことぐらい少し思い出せた。マルチネスのエレガットというのも欲しいんだけど中国製の割に安ギターとまではいかず。もう少し上手くなったら考えることにしよう。

ということで、よいお年を。

11.08.2015

古風なギャル 「天使の欲望」



1979年に同タイトルの日本映画があるため、そっちと間違えて借りてしまったかなと思うくらいレトロなタッチ。しかし70年代後半などでなく、もっとさかのぼって60年代くらいの日本映画にあったストレートなセリフ、強い目線に原初的な「映画力」を感じる。タイトル、縦書きのオープニングクレジットまでが昔風で、エンディングも「完」でストンと。

古風な話し方であってもスカートの短かい高校生というところは今風だったり、特定の時代を狙った設定でもないところが逆に新鮮。40分弱と短いにもかかわらずヘビーな後味で、ゆうばりやレインダンスで話題になるのも納得。OLから転身した女性監督とのことで、この異質さは好みだし、できれば次回作があってほしい。



天使の欲望 (2013日本)
脚本・監督 磯谷渚 
本間玲音 柳英里紗 中谷仁美 相馬有紀実 

11.03.2015

新趣向 Bone Tomahawk



西部劇かなと思って見た人がブーイングを飛ばしているようだが、ホラーとして見るなら新趣向と言える。ドラマチックさを期待せず淡々と見るなら西部劇としてもじゅうぶん面白いとも思う。

のっけからノド元をかき切っての盗賊シーン。骨のトマホークを使う白塗りのインディアン。妻を救わんと立ち向かうのは凛々しい男たち。ワイドレンズが多いのか、西部劇なのにその場にいるような臨場感。これらが不思議な効果を作り出し、ホラーか西部劇かはどうでもよくなってグイグイ引きこまれる。

足、手首、指、頭の皮、股裂き・・わざとらしいまでの残虐シーンが要所に取り入れられ、骨太な痛々しさも満喫できる。来年のハロウィンはこれで決まりだ。



トマホーク ガンマンvs食人族 Bone Tomahawk (2015) 日本未公開
監督 S・クレイグ・ザラー 
カート・ラッセル パトリック・ウィルソン リリー・シモンズ 
マシュー・フォックス リチャード・ジェンキンス