12.14.2010

賞を取ったら寝てあげる 「セレブ・ウォーズ」



日本未公開のDVDスルー作品のなかでは比較的 華やかな雰囲気。 ミーガン・フォックスのスケスケにつられて見た^ ^ ギトギトのハリウッド作品かと思いきや、 サイモン・ペッグのフーリガンづらでもわかる通り、 イギリス映画。 ロンドンで倒産寸前の雑誌社の記者だった男は、 ひょんなことからNYのメジャー誌に移ることとなる。 そこで見たアメリカのセレブ事情。 実話に基づく物語とのこと。

キルステン・ダンストやジェフ・ブリジッスまで出てくるメジャー級の作品ながら、 期待したようなディープなネタはなく、 いわゆる一つのラブコメだった。 ハチャメチャそうに見えても、 そこはイギリス映画。 どこか品良くまとまっている。 取り立てて書くこともないが、 観ていると頭の中で、 イギリスとアメリカの構図みたいなものが浮かび上がっては消えるので、 そのことを書いてみよう。

アメリカは、 ヨーロッパの旧世界やその他さまざな地域から人が集まってきて、 200数十年前に建国されたわけだが、 言語は英語だし、 イギリスとは切っても切れない関係。 つまりイギリスから独立を宣言したのが7月4日の独立記念日だ。 いまさら、 そんな歴史を紐解いても大して意味はないかもしれないが、 イギリス人から見たアメリカは、 他のヨーロッパの国から見た、 あるいは自分たちが感じるアメリカとは少し違うのではないか。 たまにそんな風に思うことがあったが、 そうした考察が再燃した。

まず、 イギリス人もアメリカに対する憧れみたいなものは、 やはりあるようだ。 NYにやって来たこの男シドニー・ヤングは、 ブロードウェイをタクシーで流しながら、 タイムズスクエアのビルボードやネオンに心奪われる。 ようするにただのお上りさんだ。 その心を映すかのように、 ジェフ・ブリッジス編集長から言われる。 "君をイギリス人だと思うのはやめて、 ニュージャージー出身の男だと思うことにするよ"^ ^

憧れの職場は意外にもお固い雰囲気で、 イギリス人であるヤングの方が自由奔放に見えるほど。 そんななかで出会った売り出し中の新人女優に熱を上げ、 カッコばっかりの自称 "奇才" の映画監督をこき下ろそうとするが、 やはりイギリスとは勝手が違う。 たいていは素敵と思ってもらえるクイーンズ・イングリッシュも、 女優からは "アクセントがキツすぎて何言ってるかわかんない~ キモい" と言われる。

一口で英語といっても、 イギリス英語とアメリカ英語、 あるいはオーストラリアでは発音も表記もボキャブラリーもかなり違っていたりする。 この狭い日本でもさまざまな方言があるのだから、 世界に広がっている言語となると、 逆に通じる範囲に収まっているのが不思議とも言える。 しかしやはり言葉の障壁は低く、 自分たちは中学生の頃からあくせく勉強したのに、 そういう努力とは無縁で行き来できるわけだ。

日本の場合、 地方出身者は方言を標準語に矯正しようとする傾向があるが、 そもそも東京弁が標準かどうかはわからない。 英語の場合、 イギリス人は明らかに自分たちが標準という意識はあるだろうし、 アメリカ的な発音に直そうという人は、 東京生まれの人が関西弁を話そうとするより少ないだろう。 だからアメリカに住むイギリス人というのは その昔スティングが歌っていたように、 ただヘンな発音のエイリアンなのだ。

あいかわらず どうでもいい邦題がついているが、 原題はオシャレだ。 "友だちをなくし人を遠ざける法"^ ^ ここに奇しくもエイリアンの派生語が含まれている。 そんなニュアンスのなかアメリカでセレブと戯れるヤングも実は、 早くに亡くした女優の母を思い、 父は著名な哲学者でサーの称号も持っていそう。息子もこう見えて古風なロマンチスト。 そんな展開になるところもまたイギリス製作ゆえのアイデンティティが表出する部分だろうし、 ギャグのテイストもやはりイギリス風と言える。 アインシュタインのこんな言葉も引用される。

 "Try not to become a man of success, but rather to become a man of value."
  成功する人より、 価値ある人になれ 

フーリガンづらのペッグは中盤の仮装パーティでベラ・ルゴシの吸血鬼をやるが、 これが最初 誰かわからないくらいの変貌ぶりで面白い。 キルステン・ダンストは小説家をめざす編集者というマッチしすぎる役ではあるが、 いい感じ。 アメリカで活躍するイギリス人を研究してみるのも面白いかもしれない。



セレブ・ウォーズ ~ニューヨークの恋に勝つルール~ (2008イギリス) 日本未公開
How to Lose Friends & Alienate People
監督 ロバート・B・ウィード 脚本 ピーター・ストローハン 
サイモン・ペッグ キルステン・ダンスト ミーガン・フォックス 
ジェフ・ブリッジス 
[DVDはレンタルのみ]

0 コメント: