10.28.2009

タルコフスキーに捧ぐ 「アンチクライスト」



カンヌなどでも話題の作品、 二足先に見た。 賞については今回はゲンズブールの女優賞だけだったようだが、 '衝撃的' という形容詞の似合うトリアー監督、 やはり今回も '衝撃的' な映画だった。 ただし、 これは書けない。 いちおうトレーラーは貼っておくが、 詳しいことはあえて何も書かないでおく。 あくまで雰囲気だけ。

"ドグマ95" とか言って、 自然光や手持ちカメラを推奨していたトリアーだが、 それも今は昔のこと。 この作品ではバリバリ凝った映像表現をぶちかましてくれる。 とくに この超スローモーション。 新しい技法ではないにしても、 これだけ随所に取り入れられると不思議な作風となる。 スローモーションや音楽が醸し出す雰囲気に何となくタルコフスキーを感じていたら、 最後にタルコフスキーに捧ぐ、 とのテロップが出てくる。

タイトルから想像する宗教性は深いところにはあるかもしれないが、 表立った宗教臭はない。 それよりプロローグから、 いきなりモロなファックシーンで、 パゾリーニを彷彿とさせるみたいなことを誰かが言ってた通り。 デフォーもゲンズブールも丸出しの演技は大変だっただろう^ ^ そしてその後のエグい展開は、 ほとんどホラーと言ってもいいかもしれない。

勝手な解釈の得意でない人には難解かもしれない。 トリアーの女性観と言えるかもしれないし、 さまざまに解釈されていい作品だと思うが、 自分的にはトリアーとタルコフスキーのリンクを発見できてうれしいとともに、 懐かしい監督に思いを馳せてしまった。 今はなき大好きな監督の一人だが、 中盤から微妙に退屈になり、 そこへ重厚な音と映像だから、 睡魔に襲われがち・・ そんなところまで似てたりして。





アンチクライスト Antichrist 日本公開2011.2/26 公式サイト 
(2009/デンマーク・ドイツ・フランス・スウェーデン・イタリア・ポーランド)
脚本・監督 ラース・フォン・トリアー 
ウィレム・デフォー シャルロット・ゲンズブール *カンヌ女優賞 
アンチクライスト [Blu-ray][Blu-ray]

イディオッツ [DVD] レクイエム・フォー・ドリーム <HDリマスターBlu-rayスペシャル・エディション> [Blu-ray] スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 The Ultimate Japan Version [Blu-ray] トゥルー・グリット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]

powered by G-Tools

0 コメント: