8.22.2009

白はピュアの印 「ハスラー・ホワイト」



"ハスラー" とは この場合、 ビリヤードで稼ぐ人ではなく "男娼" のこと。 ハリウッドはサンタモニカ・ブールバードの街角に立って稼ぐ男たちを追ったセミドキュメンタリーな内容で、 ゲイムービー専門の方曰く '驚愕' だそう。 またホワイトというのは 'ピュア' であることの象徴らしい。

98%ストレートな自分がなぜこれを見てしまったのか・・ 大した理由はない^ ^ いつもの気まぐれピックアップの結果なのだが、 まあしかし意外にイヤな感想はなくて、 '驚愕' というよりむしろ ほのぼのとした、 爽やかとはいかないまでも、 何かしらの感慨が残る作品ではあった。 名作 「真夜中のカーボーイ」 を彷彿とさせないこともない^ ^

メンズスーパーモデルのトニー・ウォードを主演に、 知る人ぞ知るヘンタイ映画人ブルースが、 ハーブ・リッツらと親交のあるLA在住フォトグラファー リック・カストロと共同脚本・監督にて製作。 ブルースはユルゲン・アンガーなるジャーナリスト役で出演もしている。 ユルゲンのアップを見ているとゲイリー・ニューマンを思い出したりもする。 いや、 チャップリンにも似てるか。

ジャグーに浮かぶ男から始まり、 いくつかのヘンタイ・プレイを紹介した後またジャグジーに戻るが、 クライムストーリーっぽくしているわりに死の理由は非常にユルいものだったり、 '驚愕' と '脱力' があいまった絶妙で微妙なセンス?で、 ゲイの方、 あるいは腐女子ならずとも一見の価値あり、 か。 。 (ボカシはやめてもらいたいが) 96年ってこんな雰囲気だっけ。 ともあれ90年代後半のハリウッドは、 どこか今の日本に似た濃度の高い閉塞感が漂っていた。




ハスラー・ホワイト HUSTLER WHITE (1996ドイツ・カナダ) 日本公開1997 
監督 ブルース・ラ・ブルース+リック・カストロ 
トニー・ウォード ブルース・ラ・ブルース 
ハスラー・ホワイト [DVD][DVD]

 スキン・フリック [DVD] ノー・スキン・オフ・マイ・アス [DVD] ショートバス スペシャル・エディション [DVD] アラビアンナイト IL FIORE DELLE MILLE E UNA NOTTE [DVD] マスカレード -地獄学園SO/DO/MU- 通常版

 powered by G-Tools

0 コメント: