6.23.2008

映画のクレームはどこへ持ち込めば? 「クレーマー」



クレーマー (2008日本)
監督 金子大志 
case1 柏原収史 平田弥里 しほの涼 長澤奈央 
case2 小野真弓 三浦アキフミ 高松いく 長澤奈央 葉山レイコ 

食品メーカーの 'お客様相談室' を舞台に、 持ち込まれるクレームを中心に話が進む。
クレームの内容は極端なもので、 社会派なのかなと思っていたがサイコサスペンスだったようだ。 case1がそうだったので、 その終わり際に出てきた小野真弓が主人公となるcase2もそのつもりで見ていると今度は心霊ホラーだった^ ^

小さな映画館で密かに公開されて、 後はDVDで細々と・・ こういう作品は誰が見てるのかときどき疑問に思うが、 他でもない自分が見てるのだ。 。 ちと古いがハリケンブルーこと長澤奈央が2本ともに脇役で出ている。 彼女の生ステージを東京ドームシティで見て以来、 密かにファンだから喜んだものの、 正直どうでもいい役だった。 case2では看護婦長役で葉山レイコが出ているのはやや、 みっけもん?

食品と違って映画にはクレームも来ない。 その前に自主規制してしまうからか。 だがこうしてレビューめいたものを書いていても大半はどこにも届かないクレームになってしまっている。 その内容は概ね奪われた時間を返してくれといったたぐいのものだが、 暇つぶしにはちょうどいいというニーズもあるんだろうな。 そうとしか考えられない..







0 コメント: