6.30.2008

月へ行くネズミ  「ボクと空と麦畑」



ボクと空と麦畑 Ratcatcher (1999イギリス) 日本公開2001 
監督 リン・ラムジー 
ウィリアム・イーディー トミー・フラナガン マンディ・マシューズ 

70年代半ばのスコットランド、 かつての工業都市グラスゴーは荒れ果てていた。 清掃員のストにより町中にゴミがあふれ、 ネズミが走り回る。 ここに両親、 姉・妹と暮らす12才の少年、 少年の夢は新興住宅地の小ぎれいなショートケーキハウスに引っ越すことだった・・

新作でもクラシックスでもないが偶然見た。 なかなかの作品だったのでメモしておく。 監督はリン・ラムジーという女性だが、 いわゆる女性視点などほとんど感じない。 それもそのはず、 監督の兄の幼い頃をヒントに製作したらしく、 12才だった兄の心をトレースしたセミ・ドキュメンタリーでもあるのだ。 それらしい邦題が付いているが、 原題は "ネズミ獲り"。


撮影風景:ラムジー監督 (中央) と子供たち

退屈そうにカーテンに絡まって遊ぶ子供、 長靴の中にズボンの裾を入れるように母から注意されるが、 聞かずに裏手の用水路に遊びに行く・・ 出だしから、 どことなく異様なムードである。 そして用水路で事件は起きる。

少年の父はダンディなルックスだが、 よく見ると頬に刃物で受けたような傷がある。 悪い男ではなさそうだが、 テレビでサッカー中継を見てはエキサイトする、 うだつの上がらない男のようだ。 姉は母の口紅をつけてこっそりとどこかへ出かける。

街の不良少年どもが知恵遅れの子をからかう。 ネズミを風船にくくりつけて飛ばしてしまう。 彼らが慰み者にしている少女と仲良くなる少年。 ふとバスに乗り工事中の新興住宅地へ。 (YouTubeのワンシーンはこのあたり)

他愛のない日常も少しずつ悪夢に浸食され、 少年とその家族はこの生活を抜け出すことができるのだろうか、 あるいは用水路の底に沈んだまま浮かび上がることはないのか。 映像にも音にも才気溢れる秀作。



ボクと空と麦畑
リン・ラムジー

おすすめ平均
starsノスタルジックな水の風景
stars暗いけれどいつまでも心に残る作品
starsケン・ローチのような作品が好きな人にお薦め

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

0 コメント: