10.28.2012

バリの神々 「キラー・ゴッド」



ベタなタイトルだなと思ったが原題もそのままだった^ ^ 日本未公開のマイナーな作品ではあるが、 バリの神々やお面のモチーフが不気味だったので見てみた。 カナダの雪景色を背景に、 予想以上に こじんまりとしているが、 見終わった後、 バリ・ヒンズーからヒンズー教、 仏教、 イスラム教、 ユダヤ教など、 関係あるなしを問わずいろいろ調べてしまった。 お勉強になるホラーだ^ ^

子供の頃、 とにかく般若のお面が恐かったのを覚えている。 今こうして世界のお面をイメージ検索で並べてみると、 日本の般若や能面は独特だ。 昔はオリジナリティのある国だったんだな。 。 バリの神々の顔は獅子舞の獅子にも似ているがカラフルで、 この映画では子供くらいの背丈で、 赤やチェックのシャツを着て出てくる。 衣装はお面とコーディネートさせたのかもしれないが、 ありあわせ丸出しで いかにも低予算^ ^

ストーリーとしては、 博覧会のためにバリから搬送された石像が偽物にすり替えられ、 その中にはウランが隠されて密輸されようとしている?! 「ガメラ対ジャイガー」 みたいな内容だが、そのような行為は魔女ランダを怒らせ、 聖獣バロンとの均衡が破られるのだった。 そして冒涜者は制裁を受ける・・ 珍しもの好きには一興か。



キラー・ゴッド Killer God (2010カナダ) 日本未公開
監督 スタッシュ・ラドワンスキー・Jr 

0 コメント: