2.24.2010

地中海のワニ・・ 「マルティナは海」



唐突にこんな作品をピックアップ、 というか見ようとずっと思って忘れていたのを ようやく見たしだい。 やや可愛いニュアンスの邦題、 あるいは出だしのマルティナの退屈そうなティーンエージャーぶりに反して、 予想外な展開を見せるヘンな映画。 以下、 ストーリーに触れるのでネタバレ注意・・

オレンジ畑と海に囲まれた地中海沿岸の町、 赴任してきた文学の教師。 カフェの娘マルティナは、 髪長めのこの男に惹かれる。 男は名をウリセスと言い、 文学教師らしく本の一節を朗読させると雰囲気があってマルティナはメロメロ。 非常に速い展開で二人は結婚、 男児をもうける。

幸せの絶頂のはずだったある朝、 男の乗ったボートが悪天候で座礁、 マルティナは未亡人となる。 以前から言い寄られていた事業家の男と再婚するが、 息子も彼をパパと呼ぶようになって数年、 突如 電話が鳴る。 驚いたことに聞こえてきたのはウリセスの声だった・・。

このへんまでは、 あざといが よくある展開とも言える。 しかし その後、 マルティナと死んだはずの夫は不倫の関係となり、 二人だけのファンタジーに溺れる。 ウリセスは事故で記憶をなくしていたわけではなく、 自らの意志で逃避したのだったが、 それでもマルティナは彼を選び、 過ちを正すべく踏み出した新たな旅立ちは、 戻ることのできない船出となる。

何らかの教訓があるのか、 あるいは辛気くさい教訓など不要の失楽園物語か。 ダメ映画、 はたまた素晴らしい官能のドラマというふうに評価も大きく二分されるようだ。 自分的にはどうかと言うと、 レオノール・ワトリングが生々しくていいが、 ヘビやワニのメタファーはあまり効いていない中途半端な 'エロメロ' ドラマだなと思うと同時に、 意外に目が離せなく一気に見てしまう求心力を持った、 やはりヘンな作品ということになる。 地中海か・・



マルティナは海 SON DE MAR (2001スペイン) 日本公開2002 
監督 ビガス・ルナ 原作 マヌエル・ヴィセント 
レオノール・ワトリング ジョルディ・モリャ エドゥアルド・フェルナンデス 
マルティナは海 [DVD][DVD]

carmen. カルメン【完全無修正(R-18)エディション】 [DVD] 人妻 [DVD] ハモン・ハモン デジタル・ニュー・マスター版 [DVD] ブエノスアイレスの夜 [DVD] ドリーマーズ 特別版 ~R-18ヴァージョン~ [DVD]

powered by G-Tools

0 コメント: