9.30.2008

こんな風に世界は終わる 「サウスランド・テイルズ」



ドニー・ダーコ」 で大絶賛を浴びたリチャード・ケリー監督だが、 それ以降はあまりパッとしない様子で、 ここに来て久々の新作を発表するも評価は芳しくなく、 案の定、 日本ではスルーされた。


 こんな風に世界は終わる・・


というナレーションで始まる2時間24分の大作は、 お金のかかったBムービー、 あるいは盲信しきれなかったカルト。 そんな風に言ってもいいかもしれない。 "液体カルマ" "量子テレポート" "ベニスビーチはネオマルキシストの本拠地"・・ SF好きならそそられるフレーズ満載でそれなりにワクワクさせられるが、 2時間近くはほとんど監督のお遊びに違いない。 しかしながら、 それでも付き合っていると、 残り30分あたりからは調子を取り戻したかように独特のオーラを放ち始める。 それは、 こんな不思議なセリフで口火を切る。


 俺はヒモだ。 ヒモは自殺なんてしない。


物語の中で発せられても微妙によくわからないセリフなのだが、 何となく好きだ^ ^




あちこちから好きなものをかき集めて来たような部分もあり、 逆にあれこれ考えた形跡も残る映画だが、 物語になぞらえて言えば次元の歪みを通り抜けてきたもう一つの 「ドニー・ダーコ」。 それは双子の兄弟のようにそっくりだが、 かたや大絶賛、 かたや期待はずれと言われる。 遺伝子が一つ違っただけで人間とチンパンジーに分かれてしまうような・・ しかしチンパンジーも精一杯生きているのである。 。 次回作に期待できる監督であることに変わりはない。




サウスランド・テイルズ Southland Tales (2007アメリカ・ドイツ) 日本未公開
脚本・監督 リチャード・ケリー 
ドウェイン・ジョンソン サラ・ミシェル・ゲラー ショーン・ウィリアム・スコット 
マンディ・ムーア クリストファー・ランバート 
サウスランド・テイルズ[DVD]

 ディストラクション (合衆国滅亡) ナショナル・コード 陰謀の国家 レディアサシン アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン ザ・シーカー 光の六つのしるし

関係ないけど、 コレいい! 「CUBE」 or 「ヘルレイザー」 的新世代ルービック。
予約済み!
RUBIK’S ミラーブロックス
メガハウス 2008-10-01
売り上げランキング : 29

0 コメント: