11.30.2010

異形の息子 「鉄男 THE BULLET MAN」



20年か。 一つの作品を繰り返し見ることは稀なんだが 「鉄男」 は3回は見たんだよな。 なぜなんだろ・・ サイバー・パンクという形容は当時 新しかったが、 実質はアングラSFと言ったほうがピンときた。 だからヘンテコな部分も逆に魅力だったりした。 ノイズ・ミュージックとともに自分などは勅使河原三郎なんかとオーバーラップして グローバルに通用する感性として注目したものだ。

これがセルフリメイクされると聞いて、 期待するよりむしろ心配した。 バンドが初期の曲をセルフカバーするようなものだからだ。 テクニックは上がって商品としてのバランスがよくなったとしても、 それに何の意味があるだろう。 爆音・轟音を理由に映画館に足を運ぶこともしなかった。 レビューをざっと見てみると概ね、 自分の心配と似たような感想が並ぶ。 で、 ようやくDVD/Blu-rayになって見た。 すると・・

こちらの心配など どこ吹く風で、 意外にしっかり出来てるじゃないか。 画面はキレイになってもカメラは小刻みに振動してるし、 カラーになってもモノクロームな色調・・ 夜だったのでスピーカーを壊すほどの大音響はムリだったが、 音楽も過不足ない感じ。 塚本本人も出演し、 しかもセリフは英語^ ^ おっと田口トモロヲも一瞬出てるね。

オリジナル同様に上映時間は1時間ちょっとしかないが、 それでも不完全燃焼などとは感じない。 やはり桁違いな何かがそこにはある気がする。 ただ桁の違い方が二桁だったのが一桁になった、 そんな感じがしただけ。 世界的な雰囲気づくりも やや鼻につく。 短いので何かの機会にもう一度見るかもしれないが3度見ることはないだろう。 時間とは酷なもので、 タイムマシンが永遠に実現しないというのは本当かもしれない。 でも生きてる以上、 そして何かを作る以上、 今のものを、 これからも楽しみにしてるよ。


鉄男 THE BULLET MAN (2010日本) 公式サイト 象のロケット 
監督・出演 塚本晋也 インタビュー1 インタビュー2 
音楽 石川忠 
エリック・ボシック 桃生亜希子 中村優子 ステファン・サラザン 

0 コメント: